忍者ブログ
ココは管理人・樹が、<更新のあとがき>と、 たまに気まぐれで愚痴を書く日記です。 だから書く時もあれば書かない時の方が多いかもしれません・・・。 くだらないことばかり書きますが、 良ければお付き合いください。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
HP:
性別:
女性
趣味:
絵・漫画の鑑賞。
自己紹介:
オリキャラに熱を入れ、気ままに自己満足。
日々、夢小説を書くのに奮闘中。

絵と漫画が好きだけど、下手でまったく描けない。

バーコード
ブログ内検索
[8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ついに来た、アイリーンの告白の時!

女主はいざという時の為に、リナリーに応援を頼みました。
事情を訊いたリナリーは、複雑でしょうね・・・。
女主は気付いてないみたいだけど。さすが鈍い!

何故かラビと神田もいる。
神田はいる理由はともかく、ラビは何故?

きっと面白そうだから嗅ぎ付けて来たんでしょうね。

そして女主、リナリーになんても思わないのかと問われ、深く考え直すと心の中がモヤモヤ・・・。

まだその感情を理解しきれていません。

リナリーには、女主とエンティルの関係は兄妹に見えてるようです。
だから女主には嫉妬心が湧いてこないんでしょうね。

さて、話を戻してアイリーンの告白。

結局、またタイミングが・・・。コムイにせいです!

エンティルは女主だけ助けてるし。
・・・ってことは、もしかしたら女主が隠れていたこと気付いていたのかも。

体が弱いアイリーンは、壁が崩れてきた時のショックで心停止してしまった。
なんとか戻ってくれたみたいだけど(汗)


前半以外は女主とエンティルの話になりました。

そんな彼が好き・・・、リナリー健気だ。

ごめんよ!管理人はリナリー好きですよ!

でもエンティルは女主しか見えてないキャラなんです・・・。

リナリーはエンティルの一途さも好きなんです。
彼女の中では、エンティルが女主に向ける想いが好き・・・。
あんなふうに想われたいと、思っているんですね。

エンティルとリナリーの姿を見て、再び女主はモヤモヤ・・・。

女主の心を悟ったエンティルによって、その感情を理解しました。

本当は彼女は、ずっと孤独だった。

本当はずっと苦しかった、辛かった、怖かった、甘えたかった、寂しかった。

それに気付いて理解してくれたエンティルは、誰よりも女主の特別な存在でしょう。
エンティルにとって女主が『特別』な存在であるように・・・。

あー、あと、女主はエンティルと義兄は違う人物だと思っていますよ。

なんだか書いてたら長くなった・・・。疲れたー。

――――・・・反省。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]